FC2ブログ

颪、、、

超放置的措置!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近聴いて気に入ったアルバムとかアーティストの曲 その2

携帯音楽プレーヤー内の断捨離&追加整理は今も続いている。
随時レンタルした分も随時追加しているもんだから、まあそう簡単に終わるわけがないんだけど。
それでもなんとか終わりが見えてきたような気がしないでもない。(但しゲーム音楽、サントラ系は除く)
気のせいか。

そんなわけで、前回と同じく、気に入ったり印象に残った曲をいくつか紹介していくのです。
例のごとく自己満足でオチなし意味なし甲斐性なしでよろしく哀愁。
その1はこちら

-----


●FLOWER FLOWER『実』の「空気」
 知るきっかけはyoutube関連動画なんだけれども、正直そんな期待はしてなかった。
YUIってこんなバンド組んでたのかーと思ったくらいで。
『実』は1stアルバムらしんだけど、その前にミニアルバム『色』を借りて聴いていて、これが全然合わなくて。
でも、『実』はアルバム自体がなんか不思議な魅力があって、
全体を通して変な音やら残響音やら瞬間的なノイズのような音が入っていてなんか良いし面白い。幻聴かもしれないが。
最初は「神様」で好印象だったんだけど、その次の曲「空気」がまあ凄くてがっつり持っていかれたという。
変わってるけどキャッチーなBメロが、一日中脳裏にこびりついてたり。変な曲なんだけど良いんだよねー。

つべになかったんでレコチョクでちょっとだけ試聴できる。

●セツナブルースター『キセキ』の「少年季」
 以前、ニコ動の「報われなかったバンド達リンク」タグを漁っていて知ったバンド。このタグでSTANやUNDER THE COUNTERも知ることができたので、とても良いタグだなあと思います。
線の細い声と切ない感じのメロディ、でもなんか力強い、そんな曲調が多いバンドかな。1曲目の「なないろ」も好きなんだけど、サビ突入時の(意図した?)音割れがちょっと気になったんでこっちを推しておく。

「少年季」

●The Brilliant Green『TERRA2001』の「Round and Round」
 ブリグリがブレークして脂が乗りまくってた時期にぽろっと出したアルバム『TERRA2001』。購入した人も多いのではないだろうか。生産しすぎたのか、飽きられたのか、しばらくして至るところのワゴンセールに投げ売りにされていたアルバムでもある。
 最近ブリグリのアルバムを全部借りて聴いたのだが、やはり一番気に入った曲数が多かったのがこのアルバムであり(思い出補正もあるだろう)、その中で1曲を選ぶとしたらこの「Round and Round」かなと。
もっと盛り上がったり、エモくなりそうなところをあえてやめちゃうサビの終わり部分とかが好きだったり。

「Round and Round」


●Nostalgia Seven『Ratatoskr』の「自画像」
 このバンドの「うつむく蒼年」を初めて聴いた時は衝撃だった。『Noah』は未所持なのだがなぜかこれと「ネロ」「故郷」を持っていて一時期よく聴いていた。そして、期間が空いてすっかりその存在を忘れていた。(忘れっぽいのがたまにキズ)
 この断捨離整理中に思い出し、『Ratatoskr』を購入(中古ですまぬ)。やはりと言うべきか、衝撃的だった。なんというか、ここまでする?という感じの、習字で言うところの止め、ハネ、払いがものすごくあるみたいな。なぜ習字で例えたのか謎だ。どうか忘れてほしい。ともかくこの手の曲調が好きな人にはたまらないと思う。たぶん。

「自画像」

●Coldplay『Parachutes』の「Spies」
 コールドプレイはとても有名なバンドですが、全然聴いたことがなくて。たしかなんとなしに借りてみたものの、箸にも棒にもひっかからない感じだったのでそれで自分の中では終わっていたんですが、またふとなんとなしに借りたんだったんと思います。それが『Parachutes』で、3曲目の「Spies」がえらくひっかかったというわけです。たぶんこの曲だけアルバムの中ではもの悲しげな曲調で異様だったと記憶してます(違ったらすいません)。『Parachutes』は1stアルバム。そりゃ1stにこんなクソかっこいい曲入ってたら売れますわ。

「Spies」

●FRUITPOCHETTE『疾風迅雷』の「暴虐-PARASITE-」
 BABYMETALを知った時期に、芋づる式に知っていたんだけど、どうもこのアルバムがお手軽に手に入れられず、しょうがないので寝かせていた。レンタルしてないし、当時は1500円ほどしていて全曲気に入ってたなら即買いなんだけど、そうでもなかったので。んで、しばらくしてチェックしたら解散?活動停止?していて、アマゾン覗いたら約40円で売ってたのでそのままポチりました(送料の方が高い)。
FRUITPOCHETTEはこの「暴虐-PARASITE-」が一番好きだし、良くできてると思う。2曲目「超絶-FANTASTIC-」と5曲目「幻惑-CHOCOLATEBITS-」はそこそこ好き。他はあまり合わなかった。『月光 -Destruction-』『炸裂 -Burning-』『The Crest Of Evil』もそれほど、という感じ。

「暴虐-PARASITE-」

●school food punishment『air feel,color swim』の「you may crawl」
 正直申しまして、一聴した時全然合わなかった。歌い方にクセがあるとか、歌詞が気取っててよくわからんとかもありまして。
でもモノは試しという言葉があるわけですよ世の中。
『school food is good food』『air feel,color swim』を借りてみると、なんとこれが!
全くその通りで揺るがなかった。想像通り。
でも、『school food is good food』5曲目の「浮かび上がる」だけは別で、かなり気に入った。この曲だけは変化球ではなく、歌詞も聴いて分かるし、ストレートで聴きやすい。
このバンドは、この曲だけだった。

「浮かび上がる」

 そこからだいぶ期間が空いて、ふと他の曲も聴きたくなって、改めて聴きなおしたところ、「あれ、全然良いな」と。
特に、『air feel,color swim』の1曲目「you may crawl」がこれまた脳内リピートしまして(サビが気持ちいい)、
後日、いくつかアルバムを借りて堪能したのは言うまでもないという。

「you may crawl」

●メレンゲ『僕らについて』の「“あのヒーローと”僕らについて」
 まあ「“あの夜明け前の”僕らについて」でもいいんだが。
 アニメ「ピンポン THE ANIMATION」を後追いで見て、画面割りやら演出、手振れタッチの歪さからくる独特のアニメーションの感触にえらく感動したわけですよ。凄すぎるなと。
んで、そのアニメのEDテーマだったのがこれで、まあ良い曲ですよね。カラオケで歌ってみたい候補に挙がっているんですが、今のところその機会は訪れていません。

「“あのヒーローと”僕らについて」
スポンサーサイト

« »

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

梟

  • Author:梟
ブログ内検索
Filmarks
はじめました
https://filmarks.com/users/hiepitahead18
ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。