FC2ブログ

颪、、、

超放置的措置!

 

書きなぐってたらなんとなく見通しが立ったような進捗

イベント:各町の武具・道具屋を設置。(80%)
その他:もろもろ。

 たいした進捗ではないけど、ある程度、武具・道具屋の設置をすると、色々と考慮すべき点がでてきたように思える。
 武具の上昇値と値段の設定はやはり難しい。序盤を超えれば、ほぼどこでも移動可能にしているため、極端な話、あそこの町であの武器を買えばラスダンまで買わなくてよい、みたいになる。それはそれでひとつの攻略方法なのでいいのだが、やはり作り手側の理想としては、いくつか段階を踏んで強い武具を購入していってほしいというのがある。だからそのために値段をどの程度にするのかとか、モンスターから得られるお金とかを一考しなければならない。これはもうほぼゲームを作り終えての通しプレイで微調整していくしかないだろう。

 また、全体としての武具の上昇値も考える必要がある。上昇値というのは、なんといえばいいか、次のグレードの武具との数値差のことを指す。
(こんぼう:+4 → どうのつるぎ:+10 上昇値は6)
LVUP時の成長値を鑑みて上昇値は設定し直さないとならない気がする。
例えば、LVUP時の成長値が少なく、武具性能の上昇値が多ければ、武具依存のゲームになる。個人的なイメージでいうとFF9とかはそんな感触だった記憶がある。あれはあれで面白かったけど。
LVUP時の成長値が多く、武具性能の上昇値が少なければ、武具の新調頻度の少ない、LV依存のゲームになる。どちらかというとこれは避けたい。どうしてもLV依存にはなるだろうけど、やはり武具の新調もしないと攻略しづらい感じにはしたい。
 だからまあ、LVUP時の成長値と、武具性能の上昇値を同じぐらいにしたい。ではそのためにはどうすればいいだろう。
以前考えてたのは、LVUP時の成長値に合わせた上昇値をコモンで自動設定しちゃうというもの。現在、モンスターのパラメータはこれで行っていて、武具の上昇値もできないものかと思案していたけど、やはり色々と面倒でやめたのだった。やろうと思えばできるけど、可変DBに丸々武具リストを作る必要が出てくるのでやりたくない。もとからユーザーDBではなく可変DBで作っていれば改造は簡単だったのだが。基本システムがそうなっているのでこれはしょうがない。
 そもそも、LVUP時の成長値と、武具性能の上昇値を同じにするとはどういうことか。1LVで力が10上がるとして、1つのダンジョンをクリアするのに3LV上がるとする。とすると次の町で売っている武器の上昇値は30となる。つまり、1つのダンジョンでどの程度LVを上げるのかが重要になってくる、のかな?うん、でもそういうことだろう。「1つのダンジョンでどの程度LVを上げるのか」これを目安にすれば設定できそうである。

 細かいところでいうと、特殊な気候の町で売る対属性の武具もちょいと迷っている。寒い地域で、熱い武器が売っているのは果たしてどうなんだろう。一応、本作は属性があって、対属性の武器で攻撃すれば弱点となり大ダメージを与えることができる。だから、寒い地域なら対属性の武器が売っていたほうがプレイヤー的にはいいはずだ。
だが、リアルに考えると、寒い地域で冷たい武器が売っていたほうが自然な気もする。管理とか維持とか。そこまで考えてもしょうがないのだろうけども。
それとも、ほぼどこでも移動できるのだから、寒い地域のダンジョンは暑い地域で買った熱い武器で攻略すると楽、とかそんな設計にしようか。ともかくこれは、ちょっとまだ決めかねている。

次にやることメモ
・テストモードの戦闘テスト表示項目の作成。
・逃走スキルの組み込み。
・あとなんかあったと思うが忘れた。



「皇帝密使」という映画のOPテーマなのだが、この曲とOP映像がすごく好きで何度も見た映画だ。内容も面白い。実はシリーズものの3作目だか4作目で(最近知った)、OP映像のシーンは過去作のものらしい。どうりでこんなシーンないよなあと思っていたものだ。
どこぞのニコ動にどうどうと君臨しているのでお暇なら調べてみるのもいいだろう。しかも吹き替え版!DVDには吹き替え版は収録されてないのでTV放映版だ、うむ、貴重だ。やはり吹き替え版に限る。というか吹き替え版収録のDVD発売してくれ。
スポンサーサイト

« »

10 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

梟

  • Author:梟
ブログ内検索
Filmarks
はじめました
https://filmarks.com/users/hiepitahead18
ブクログ