FC2ブログ

颪、、、

超放置的措置!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

鑑賞メーターログ_2016.8

08/28「リアル鬼ごっこ 2015劇場版」
鬼ごっこじゃなくシュールごっこだが、わりかし楽しめた。題材的に走るアクションを存分に撮っている。主演の女性の走るフォームが変なのはあれだが。カメラマンの併走グラグラカメラも気になるがドローン空撮またはロングを間に挟んでお茶を濁しているのでまあ良い。シュール女子の能書きのくどさを除けば、台詞も多くなく、理不尽に巻き込まれてひたすら逃げ続けて場面が動く動く。走る殴る蹴る叫ぶ殺すパンツ見えるの繰り返し。音楽も良かった。

08/28「ゼロの未来」
話はつまらないが悪くない。ウトウトしながら見た。最後はなんか切ない。メラニー・ティエリーがかわいかった。

08/28「ゴジラ FINAL WARS」@TV
お祭りな感じ。怪獣というより戦隊モノの毛色。人体アクションは良かった。

08/28「コンゴ」@TV
80分あたりで見るのをやめる。

08/28「ミクロキッズ」@TV
裏庭で夫婦が宙吊りでクルクル回ってミクロキッズを探してるシーンで、見たことある映画だと思い出した。

08/28「フローズン・タイム」@TV
48分ほど見てやめる。おっぱいが沢山見られるのは良いが、ずっと独白大会なのはさすがに眠くなる。

08/14「バケモノの子」@TV
退屈。見始めてようやく、お、と思ったのが主人公が、師匠の足の動きを見なくても音で分かることに気づいたシーン。だが言葉で(2回も)補足してしまう。全てがそんな具合。説明してから次のシーンに進むので、わかりやすすぎて何も始まらない。 仮に全編の台詞量を半分削ったとしても問題点は多いと見られる。
[08/14 20:32]
序盤の市場での争いで、負けそうになった熊徹を主人公が応援した時(カット割と音楽の唐突な盛り上げ)、静まり返り観衆が反応(熊徹も反応)する演出の浅はかさ。モブの、背景と一体化してるような魅力の無さ(弟子モブ達の記憶の残らなさ)。などなど。

08/14「スパイ・コード 殺しのナンバー」@TV
序盤で見るのをやめる。

08/14「ファインディング・ニモ」@TV
ドリーとマリーンの旅路が伝わっていく過程が良い。

08/14「コンフィデンス」@TV
15分ほど見てやめる。

08/14「SUSHI GIRL」@Gyao
つまらない。途中で飛ばし飛ばし見て結末だけ確認して満足する。

08/14「TOKYO TRIBE/トーキョー・トライブ」
面白い。全編ラップ調だったら最高だったが、まあほぼラップで進行するスタイルに背景が人と物が雑多に映されて程よいトリップ感が楽しい。ラップ丸々撮るためか、ちょいちょい長回しもあるのも良い。DJミックスのような映像転換が1度あるが、適度にあったほうが良かったのでは。清野菜名の乳出しシーンは少しくどいが、アクションはたっぷりあるので堪能できる。この監督パンモロ回し蹴り好きだなあ。アクション担当調べたら匠馬敏郎(坂口拓)だった。

08/14「LUPIN the Third 峰不二子という女」
良いデザイン。台詞がやや過剰だが、ひねりもあって悪くない。アニメーションの少なさもこのタッチだと問題なく見える。新しくもあり、原点回帰っぽくもある。 vol.3があまり記憶にないが、峰不二子という女に迫るvol.4は存分に楽しめた。 1stあたりの匂いを感じる。

08/14「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」
前編・後編。良かった。前編序盤のルパンの国説明台詞が露骨で笑った。

08/14「マレフィセント」@TV
翼をもがれたところで心が折れて見るのをやめる。紙芝居すぎて退屈。

08/14「グランド・ブダペスト・ホテル」
人物を真正面か真横から撮ることの多いこと。語りも饒舌。
スポンサーサイト

 

« »

08 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

梟

  • Author:梟
ブログ内検索
Filmarks
はじめました
https://filmarks.com/users/hiepitahead18
ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。