FC2ブログ

颪、、、

超放置的措置!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

さようなら鑑賞メーター

鑑賞メーターを使ってましたが見切りをつけました。
ログはブログにコピペしました(疲れた)。
ありがとう鑑賞メーター、さようなら鑑賞メーター。

スポンサーサイト

 

鑑賞メーターログ_2018.7

07/29「スリー・ビルボード」@ツタヤ配信
面白い。冗長さはあるが引き込まれる。

07/29「COP CAR/コップ・カー」@ツタヤ配信
面白い。小規模の映画で登場人物も少ないが、尺も80分程度に収まっているし、サスペンスも上出来。コップカーならでは使い方が発揮されている。

07/29「カンフー・ヨガ」@ツタヤ配信
つまらない。ここまでジャッキー映画に乗れなかったのも珍しい。冒頭のゲームCGで不安になるし(理由は後にわかるが)、キャラクタが多いわりにデフォルメされていないので不必要に感じる。 お話も適当で、撮るべきショットを撮ってないので次のシーンでなんでこうなってんだ?と疑問に感じることも。謎解きもキャラ同士内で理解するだけで観客はすっきりしないし、悪役との微妙な関係性ももやもやする。
[07/29 19:10]
アクションは頑張ってるが、カメラの瞬間的なズームやカット割りが多い。終盤、財宝に関しての講釈があるが、そのすぐ後に武器としてバシバシ使うのもどうなのか。最後の唐突な踊りは良かった。

07/29「THE MENTALIST/メンタリスト〈セカンド・シーズン〉」@amazonプライム
面白い。レッドジョンの話が水面下で進行し、シーズン終盤で動くのかと思いきや早々に大きな変化があったりと1stシーズンの一話完結モノとは違うテイストになっている。

07/16「ベイビー・ドライバー」@ツタヤ配信
まあ良い。もっとMVっぽいのかと思ったらそうでもなく。 配役の意外性もあって話も乗れた。

07/16「デッドプール」@ツタヤ配信
まあ面白い。

07/16「THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉」@amazonプライム
面白い。ヌルっと見れるし、会話のやり取りも楽しい。サイキックを否定する主人公だがサイキックにある種救われたりする回もあってなかなかあなどれない。

 

鑑賞メーターログ_2018.6

06/30「遺恨あり 明治十三年 最後の仇討」
面白い。

06/30「サバイバルファミリー」@ツタヤ配信
面白い。不思議な鑑賞後感。残ってない補充液を見得張って飲むフリを促す所作がさりげなく映ってる感じが良かった。 肉食べて泣くシーンが好き。

06/30「21ジャンプストリート」@amazonプライム
面白い。ブリー・ラーソンがかわいい。

06/30「エージェント・ウルトラ」@amazonプライム
まあまあ。だけどいささか主要人物を簡単に処理してしまうのでなんとも味気ない。特にジョン・レグイザモがあんなやられ方でいいのか。

06/30「未解決の女 警視庁文書捜査官」@TV
微妙。エンケンの渋さは見続けたかったが。終盤の背中刺されながら工作するシーンの感動気なスロー演出はひどい。1話で見限る。

06/30「シグナル 長期未解決事件捜査班」@TV
微妙。設定が良さそうだったが。1話で見限る。

06/10「アトミック・ブロンド」@ツタヤ配信
まあまあ。音楽の多用さが好みではなかったが、アクションは良い。音楽はうるさい。ブルーマンデー好きすぎか。音源がカーステレオやラジオなどで大小の調節も描写されるが、ひっきりなしに80年代サウンドが流れており、うんざりしていると中盤の長回しアクションシーン時のオフが際立つようになっている(途中でまた鳴りだすけど)。

06/10「ジオストーム」@ツタヤ配信
面白い。ディザスターではあるが、その実ミステリー/サスペンス色の強い進行で変わった味わいがある109分。 実際、都市の破壊描写の迫力は客観的に傍観する感じだし、主人公らが巻き込まれてもどこか安心して見れてしまう程度の作られ方をしている。陸橋の端が陥没して出来た穴部分に走ってる乗用車が奇麗に落ちたりするとか、丁寧に描けばそこだけでもっと緊張感のあるシーンは作れそうだが2秒で軽く流される。興味を犯人に絞っている。 結婚しろ!は笑ったのだが、その後にある婚約者です発言はちょっと蛇足かな。

06/10「手紙は憶えている」@amazonプライム
意外なオチはいいのだが、それを明かす手続きが言語的であり興を削ぐ。手ブレも多い。

06/10「ファンタスティック・プラネット」@GYAO
なんか面白い。一日1,20分くらいと決めて見始めたのだが、なんだかんだ3,40分間隔でさっと見終えた。音も独特で刺激がある。

06/10「ダム・キーパー」
悪くないが。絵のタッチは好き。

 

鑑賞メーターログ_2018.5

05/27「女神は二度微笑む」
まあ良い。常にカット割がけたたましく、コマ送りのような繋ぎもあり、ジェイソンボーンシリーズのそれを想起した。 意図した理由は分かるが。

05/27「復讐 消えない傷痕」
面白い。チープな電子音っぽいBGMが印象に残る。

05/27「のぞきめ」@amazonプライム
全然悪くない。板野友美は、日常会話の自然な発音は良いが決め台詞が浮いている。マイナーと商業映画の中間ぐらいの演技と撮り方。 民間伝承の話の解き方がスムーズで味気ない。グロテスク描写は思っていたよりもちゃんと映ってる。 母親の伏線はあったのだろうか。指の爪の長さは最後に剥がれるためにあったのではないのか。

05/27「鬼談百景」@amazonプライム
まあ良い。
[05/27 14:47]
「追い越し」最後のフリーズしている姿や粗さが実写サウンドノベルゲームの静止画を髣髴とさせる。「影男」鼻血だと分かる件が丁寧。「尾けてくる」はただそこに立っているだけだし、顔も無表情だが、なんだか怖い。「一緒に見ていた」は、校庭でぶつかった女子生徒をも認知するのが新鮮。「赤い女」の身体性の高さはおかしくもあり、物理的に怖い。「空きチャンネル」バスケットボールをゴールに入れるシーンの1カットが好き。「どこの子」花子さん風の少女が老けてるようにも見えて不気味。
[05/27 14:47]
「続きをしよう」子供達が一人ずつ怪我をして帰っていくが、走り回る動作しかない異様さと、そのことを知ってか知らずか怪我をすることで帰れるという嬉しさも描写していく点が秀逸。「どろぼう」太ももに落ちたいちじくを食べたり、逆さまに着たパジャマを直すといったどうでもいい描写がよく出来ている。あと、一切怖い映像は出てこないのに、台詞から想像を巡らせてしまうし、最後の妊婦さんとのやり取りから残る嫌な感じが怖い。「密閉」つまらないが、三浦透子がかわいい。

05/27「貞子3D2」@amazonプライム
2D版。前作よりかはシリアスに見られる。 教授が襲ってきてシュレッダーに髪が挟まり、そのまま振り回す件とかギャグでしかない。笑えたからいいけど。

05/13「女神の見えざる手」@ツタヤ配信
面白い。言葉のスピードがとても速くて見ながら半分ほどしか処理できないが、言わんとしてることは伝わる。何より鮮やかな逆転劇が気持ちいい(当人は表情を全く変えないのも良い)。

05/13「帝一の國」@TV
20分ほど見てやめる。つまらなくて愕然とする。

05/13「ブライド・ウエポン」
悪くないが。序盤の微妙なハネムーンのホームビデオ感がちょっと不思議な印象がある。これ、この後どうなるんだ?という。 リベンジにしてはやりすぎな感じもするし、そこまで血に染まる必要がないようなシナリオのチグハグさもあるが、ジーナ・カラーノだからという理由で ガンガン突破・暴走していく様はそこそこ楽しい(一応、強い設定はある)。アクション多いがあまり記憶に残らず。撮り方があまり好きではなかった。

05/13「復讐 運命の訪問者」
面白い。乾ききった空気感と銃声。六平直政の幼稚性のある異常者も良い。

05/13「デッドストック~未知への挑戦~」@amazonプライム
面白い。やはりビデオ画質の粗さは怖さに結びつくなと思った。8,9,10話は正直肩透かしだが、それまでの1話完結パートはなかなか見応えがある。
[05/13 17:20]
10話が最終話だと思っていたら続いたので驚いた。しかもこの最終話が異質で、OP主題歌は別バージョンだし(10話がOP無しなのも効いている)、ドキュメンタリーチックだし、 発想を逆にしたオチが気持ちいいが、論点をズラす会話シーンや森達也のいかがわしさ(を描く自己演出含む)が退屈だった。

05/13「ドキュメンタル シーズン1」@amazonプライム
面白い。勝負パートである本編がメインだけど、最初の参戦者入場と松本の評価からキャラクタ化されていくパートが意外と良い機能してる。

 

鑑賞メーターログ_2018.4

04/22「暴走車 ランナウェイ・カー」@TV
30分ほど見てやめる。

04/22「オトトキ」@Gyao
ファンには嬉しいが、テーマがよくわからない。

04/22「デビルクエスト」@TV
40分ほど見てやめる。なんとなく最後まで見てみたかったのだが。

04/22「路上のソリスト」@TV
まあ面白い。

04/22「エンド・オブ・キングダム」@TV
20分ほど見てやめる。

04/01「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」(アンディ・ムスキエティ)@ツタヤ配信」
まあ面白い。長いけど。すっきり終わるが、続き物だと最後で分かる。ピエロの茶目っ気ぶりが怖面白い。いい顔芸。 90年製作も見たいけどこちらも長いんだよなあ。

04/01「スキップ・トレース」@ツタヤ配信
まあ面白いかな。 時系列が飛んだり戻ったりで不恰好な序盤だが、筋は思いのほか考えられてて、ロシアマフィアが加勢してくる終盤の展開とかちょっと熱い。黒幕は浮いてたが。 モンゴル少年を助けた描写ってあった?

04/01「ダイバージェント」@TV
まあまあ。併走して列車に乗り込む、列車内からビルへ飛び移るといった視覚的表現がある。 しかしアホみたいなシステムが機能していて、それを派閥を渡り歩いて破壊していく話かと思ったら、派閥の一つが起こす暴走がトリガーになって破綻してしまって何か釈然としない。

04/01「ドリーム」(セオドア・メルフィ)@ツタヤ配信
面白い。が、台詞でお膳立てしすぎている。特に序盤。

04/01「ガンマン大連合」@Gyao
面白い。テーマ曲耳に残るなぁ。
[04/01 11:53]
●メキシコ革命時代。革命軍が占領していた町にやってきたヨド(フランコ・ネロ)は、革命軍に武器を売りつけようとするが、革命軍の資金は金庫の中にあり、開け方を知っているのはザントス教授(フェルナンド・レイ)だけだった。 ヨドは監視役のチャトー(トーマス・ミリアン)とともにアメリカ軍の人質になっている教授を連れ戻す旅に出る。

04/01「ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル」
まあ面白い。多少、贔屓目に見ればだが。 尺としてはアクションとドラマが半々といったところでまあ満足度はある。

04/01「アンナチュラル」@TV
面白い。たままた評判の良さを聞いて見逃し配信1話を見て確かに、と。そのまま2話3話と面白さが落ちないのが凄い。最終話が微妙だったのが惜しいが。

 

« »

11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

梟

  • Author:梟
ブログ内検索
Filmarks
はじめました
https://filmarks.com/users/hiepitahead18
ブクログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。