FC2ブログ

颪、、、

超放置的措置!

 

最近聴いて気に入ったアルバムとかアーティストの曲 その3

携帯音楽プレーヤー内の断捨離&追加整理がついに区切りがつく!
ただ、まだ未着手部分がある。でもそこは除外できるので、一応のピリオドは打っていいのではないか。
年末は、この膨大な音楽ファイルを2つのプレイヤーに分割(&バックアップ)する作業も行うことができたのでホッとした。

そんなわけで、前回、前々回と同じく、気に入ったり印象に残った曲がまた出てきたので紹介しとこかなと。
それだけの記事です。良いではないか、別に。その1はこちら。その2はこちら

※文中の「今年」は2018年のことです。

スポンサーサイト

 

埋もれてしまうのはもったいない2018

2018年に見た中で、個人的に埋もれてしまうにはもったいない作品ベスト。控え。
全てレンタル・動画配信またはTV放映したものなので、若干古いです。
かなり古い作品は除外してます。


01:女神の見えざる手(2016)
02:サバイバルファミリー(2017)
03:モンスタートラック(2016)
04:バック・イン・クライム 時空を超えた事件(2013)
05:ポンペイ(2014)
06:鬼談百景(2016)
07:犬ヶ島(2018)
08:関ヶ原(2017)
09:COP CAR/コップ・カー(2015)
10:ミッドナイト・スペシャル(2016)


次点:パターソン(2016)、ブライド・ウエポン(2014)、汽車はふたたび故郷へ(2010)
特別枠:ダウンサイズ(2017)、王様のためのホログラム(2016)
ドラマ枠:アンナチュラル、デッドストック~未知への挑戦~、メンタリスト

-----

・ざっと雑感
 結果的には、01:女神の見えざる手(2016)になったのが自分でも意外というか、他にもっといい作品があったような気がする。本作も充分に面白いけど。まあいいか。でもこの作品って別に埋もれてないのでそもそもチョイスしたのがおかしいんじゃねえの?
 02:サバイバルファミリー(2017)は身体や仕草で語る描写がちゃんとある映画。邦画の商業ベースでは希有の存在になってきてるので入れた。そこがブレない矢口監督は凄い。
 03:モンスタートラック(2016)はがっつりエンタメ映画で、若干変わった王道路線という感じ。埋もれてるわりには色んな人が見ても楽しめる作品になってるのでもっと知られてもいいのではなかろうか。これが実質1位にふさわしいんじゃねえの?パッケージから全CG映画と見間違うけど、普通に実写です。
 04:バック・イン・クライム 時空を超えた事件(2013)は静かに淡々と進むけど、とても奇妙。事件モノの皮を被ってるだけで、描きたいことは別にある、というのが実に奥ゆかしい。というかまさに映画的で好き。
 05:ポンペイ(2014)はなんだろう、面白かったのだが、エンタメだけど、最後の最後でさらりと哀愁で締められてゾクッときた。間違いなく消費されて終わるだけの映画だけど。
 06:鬼談百景(2016)、近年の邦画ホラーではかなり出来が良いオムニバス。
 07:犬ヶ島(2018)、良いやん。ウェスアンダーソン作品は乗れる/乗れないの差が激しいんだけど、これは普通に乗れた。この作品を見て、ファンタスティック Mr.FOX(2009)を見てないことを思い出した。ありがとさんきゅー。
 08:関ヶ原(2017)は、内容あまり理解してないけど、なんか面白い。言語的なのがちょっとあれだけど。
 09:COP CAR/コップ・カー(2015)10:ミッドナイト・スペシャル(2016)は、小品だけど緊張感あるし、画面の艶も良かった。

 次点は、ブライド・ウエポン(2014)はジーナカラーノ補正があるので除外するとして、パターソン(2016)汽車はふたたび故郷へ(2010)の2作は、ゆるぎない空間というか画面作りをしてて、見ていて心地よいし面白い。映画はこんなんでいい、を地で行ってる。でもそれって凄く難しいことだと思うので、この2作は凄いなあとしみじみ。
 特別枠。って別に特別でもなくて次点レベルなんだけど、ダウンサイズ(2017)王様のためのホログラム(2016)がどことなく感触が似てた作品だったので分けてみたという。この2作はいわゆる起承転結モノとそうでないモノの微妙な間を揺れ動いてるようなストーリーラインで、変な映画だけど、見た後心にひっかかるものがあったというか。

 2018年は映画を見る本数が減った。大きな理由は、動画配信サービスを利用することが多くなって、いつでも見られる状態になったことで、逆に後回しにしてしまうことが多くなったから。あと、もうひとつが連続ドラマのほうに割いていたから。ということでドラマ枠を設けた。
日本ドラマでは、アンナチュラルデッドストック~未知への挑戦~が良かった。と言ってもそんなに見てないんだけれど。
海外ドラマではメンタリスト。てか、メンタリストしかたぶん見ていない。シーズン7で完結してて、見始めた時は「1,2話見てつまらなかったら切ろう」と思っていたのに、凄く面白くて見続けてしまったという。時間返せ!でも面白かったから許す!むしろありがとう!

 

2019年になりました亥

明けましておめでとうございます。

昨年の記事を確認するとまー何も進展していないこと。ビックリですね。

・「ウディタ(基本システム)で一品作る」
もうウディタ触ってないです。代わりにMVを触ってますが、これもいくつか構想はあるものの着手したりしなかったりで何も形になってないですね。ウディタになるかMVになるか分かりませんが、とりあえず小品を1つ作りたいですね。軽めのやつを。

・拙作ロブスターVerUPどうなっとんねん
まったく未着手です。申し訳ない。名残惜しいですが凍結かなぁ。この辺の部分も今作成中の作品に取り入れられたらいいかなと。

・ボドゲ熱まだあんの?
ゆるやかに冷めています。まあたまにやるにはやるんですけど。欲しいボドゲは沢山あるものの、なんというかコレクトしたいっていう欲求でもなくて、正味な話、システム的な部分が知りたいっていう。そんで自分や周りの人だけが分かるようなボドゲを自作してみたいって気持ちのほうが大きかったりします。もともとボドゲはハイパーロボットの盤面自作からハマってるので、作るほうに興味があるというか。チケットトゥライドあたりのシステムが面白そうというかパクれそう(おい)。

・ミンサガ
やってません。でもオススメだぜ!

・そのほかのゲームとか
市販ゲームは実は色々やりました。クリアのたびに感想記事なんかも上げようとしたのですが、そこまでの気力が出ず。ついでにその辺の感想をちらっと書いておこうかな。

「FF13」PS3
クリアだけしました。やりこもうとも思ったんですが、すげー面倒そうだったのでやめました。でも攻略サイト見ながらやったので取りこぼしなく最後まで行けたので良かったです(当然やろ)。
戦闘は楽しかったけど面倒くささも混在してました。オプティマシステム自体も良いけど、メンバー入れ替えるごとに組みなおす手間が。あと改造は完全に失敗でしょう。何の面白みもないし凄く分かりにくい。お話は論外。

「デジタルデビルサーガ1・2」PS2
面白かった。戦闘システムの弱点突くと行動値ボーナスあって、耐性あると行動値が減少するっていうシンプルだけど奥が深い感じが熱かったなあ。戦闘が結構シビアで、ボス戦はスキル装備如何でだいぶ変わってくるんで、この辺も楽しかったけど、ボス戦の1度戦ってみて敗北→スキル付け替えて本戦という流れは、作り手視点で色々考えさせられた部分でした。ザコ戦は試行錯誤できるけどボス戦はどうしてもリセットになってしまうんですよね。
物語も詳しいことは分からなかったけど、近々のゲームでは一番衝撃を受けたかな。特に2のお話なんてぶっ飛びすぎてるというか、映画化決定レベルでしょう。メタルチックなBGMも最高。

「ペルソナ3」PS2
女神転生シリーズ(と言っていいのかな?)って面白いんだなと思って、次に始めた「ペルソナ3」でしたが、ちょっと合わなかったですね。求めてたのと違ったというか、ときメモのようなシステムがめんどくせー。ということで、途中で止まってます。

「龍が如くHD 1・2」PS3
やってみたかった龍が如くシリーズ。なのでHDってのがあると知ってプレイし始めたのですが、現在止まっております。いや、これはこのゲームに不満はないんですよ。ただただゲーム熱が冷めただけなんです。そのうちやれれば・・・!


はい、そんなわけで本年も宜しくお願い申し上げます(唐突)。

 

映画ではないドラマアニメ等の鑑賞録

カテゴリは映画だけど。
下に行くほど昔見たものになります。
アニメ・ドラマを記録するサービスがないので、しばらくはブログに残していくことになりそうです。
ネタバレとかそういうのは自己責任で。

-----

「メンタリスト シーズン4」
@amazonプライム 面白い。

「メンタリスト シーズン3」
@amazonプライム 面白い。見る期間が断続的になってしまったけど、見始めると止まらないなぁ。モールでのレッドジョンとの会話はかなり衝撃的だった。連続殺人犯像をここまで面白くさせるとは。


「ルパン三世 PART5」
@TV 1話完結モノはそこそこ楽しめた部分もあったが、続きモノはかなり微妙だったので常に倍速だった。全然リミッターがある。 ただ、24話のルパンの素顔表現方法は良い。

「ドキュメンタル」 シーズン2,3,4,5
@amazonプライム 面白い。


「丹下左膳 剣風!百万両の壺」
@TV 面白い。 アイキャッチも入るし、どうやらTVドラマだったようだ。 松尾嘉代扮する姉御が素晴らしい。あと仲代達矢の目力がジョニーデップに似てると思った。


「新ナニワ金融道」(2015年)
@TV 面白い。桜庭ななみがかわいい。


「福家警部補の挨拶」フジテレビ版(2014年)
@TV OPと音楽が気に入って見続ける。どっかで聞いた感じもしなくもないが。 台詞のくどさが伏線や終盤まで隠しておきたい事柄を過度に暗示させる。例えば、漫才師の話で死に際のホンコンの台詞に板尾がわざとらしく反応するとか。
 最後に何か一言締めの言葉によって、あるいは狂乱する最中に終わらせる、という青臭いカッコよさでEDを際立たせる。
オッカムの剃刀あたりから流し見状態。稲垣吾郎の役どころが意外とかき回してくれそうと見続けていたが、そんなことにはならず、よくある直接性な関係に終始。柄本時生との会話で判断できる直接性がまさにドラマ的な薄っぺらさを表出させる。 福家の「ふ!く!い!え!」と名前を強調した挨拶がじつにしっくりこない。
 1話だったか、福家が廊下を歩いて立ち止まり、かけている眼鏡のずれを指で押し上げ(後姿で表情は見えず「カチッ」と音だけがする)、再び画面奥へ歩き出すシーンは良かった。

「踊る大捜査線 LAST」
@TV キャラ増えすぎて捌ききれてない。顔認証の件とかもよく分からない。OPは毎度かっこいい。

 

さようなら鑑賞メーター

鑑賞メーターを使ってましたが見切りをつけました。
ログはブログにコピペしました(疲れた)。
ありがとう鑑賞メーター、さようなら鑑賞メーター。

 

« »

01 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

梟

  • Author:梟
ブログ内検索
Filmarks
はじめました
https://filmarks.com/users/hiepitahead18
ブクログ